サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      U-16アジア制覇を支えたBチーム。紅白戦から本気で戦う集団だった。

       筆者は全国各地でのスポーツ関連の講演会で、必ず口にする言葉がある。
       それは「本当に強いチームは、紅白戦の“Bチーム”も強い」というものだ。
       試合だけでなく、練習という日常の中でもしびれる“戦い”が存在すれば、チームは強くなる。控え組扱いであるBチームが時に勝つほどの紅白戦なら、トップチームの人間には危機感が生まれるし、Bチームの選手も「さらに上を食ってやる」と意欲を燃やす。その相乗効果でチームが活性化する、ということだ。
      「試合には日常が出る」
       この言葉を具現化しているのが、世代別代表の“02ジャパン(2002年以降に生まれたU-16日本代表の愛称)”だ。森山佳郎監督は前述した“戦い”を植えつけることに長けている。つまり日本でもトップクラスのモチベーターであり、チームを同じ方向に導ける指導者なのだ。
      レギュラー組以外も積極起用。 今大会、手腕が発揮された象徴的な試合は、準決勝のオーストラリア戦と決勝のタジキスタン戦だ。準々決勝でオマーンに2-1で勝利し、来年ペルーで開催されるU-17W杯の出場権を掴み獲り、その後迎えた準決勝では、森山監督はレギュラー組中心だったオマーン戦から7人を入れ替えた。
       この大幅な変更は、グループリーグ第2戦のタジキスタン戦でも敢行した。ただその時のチームは拙攻を繰り返してスコアレスドローに終わった。
      「選手には『(出るのは)俺だろ!』と常にアピールしてほしい。こっちも競争を煽りながら、現時点で一番活きのいい選手と言うか、一番活躍できる選手がスタメンを勝ち取るんだよと提示した。レギュラーはこいつら、後は“そうじゃない選手”と分けて回しているのではなくて、しっかりとチャンスを与えながら“それを掴めるか、掴めないのか”とシビアに判断する」(森山監督)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832090

      トルシエがベトナムの育成世代指導。沸騰する東南アジアのサッカー熱。

       元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエは今、ハノイにいる。
       プライベートな組織ながら、ベトナムのナショナルトレーニングセンターともいえるPVFアカデミーでテクニカル・ディレクターに就任して、すでにふた月が過ぎていた。
       世界最先端の設備と国際色豊かなスタッフ、行き届いたサポート体制……。トルシエはベトナムで、いったい何をしようとしているのか。またベトナムの野望はどこにあるのか、どれだけ本気なのか……。
       トルシエに聞いた。
      ベトナムの富豪が作ったサッカー施設。――私たちは今、ハノイ郊外のPVFアカデミーという施設にいます。あなたは、なぜここで活動することになったのでしょうか?
      「それは私がオファーを受けたプロジェクトが興味深かったからだ。大規模なプライベートアカデミーの技術部門の統括で、所有者はベトナム最大の富豪(ファム・ニャット・ブオン)だ。彼は様々な企業を傘下に収めた『ビン・グループ』の会長であり、サッカーにも大きな情熱を注いでいる」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832105

      レアルのロペテギはもう解任目前?支配率70%で4戦連続ノーゴール。

       スコアは0-0のまま、後半ロスタイムも4分半を過ぎていた。
       左からのCK。ファーポストに抜け出したルベン・ソブリーノのヘッドがティボウ・クルトワの右手に当たって左へ流れる。左ポストのすぐ内側に飛び込んだのはマヌ・ガルシア。クリアを試みたセルヒオ・ラモスより一瞬早くボールを頭で押し込むと、アラベスの闘将は両手でシャツを引っ張りながらピッチを駆け出した。
       10月6日に行われたアラベス対レアル・マドリー。“白い巨人”を相手に87年ぶりの大金星をもたらした劇的な決勝点に、メンディソローサのスタンドは文字通り狂喜乱舞した。
       その傍ら、レアル・マドリーを率いるジュレン・ロペテギはベンチに座り込み、白いユニホームに身を包んだ選手たちは現実を受け入れられぬまま、試合終了を迎えることになった。
       前半の3失点で勝負あったセビージャ戦の完敗。お互いの守護神を攻略しきれずに終わったアトレティコ・マドリーとのスコアレスドロー。そしてCSKAモスクワに0-1で敗れるチャンピオンズリーグの波乱に続くショッキングな敗戦により、レアル・マドリーは4戦未勝利のまま代表ウィークを迎えることになった。
      支配率約70%、決定機はなし。 しかも1-0で制した第5節エスパニョール戦以降、4戦連続無得点。地元紙によれば、時間にして409分間にわたる不発は2005-06シーズンに並ぶクラブ史上ワースト2位の記録であり、1984-85シーズンに打ち立ててしまった最長記録の496分まで、あと87分に迫っているという。
      「重要なのはチャンスを作り出していること。そうすればゴールは自ずとやってくる」
       ロペテギはそう繰り返してきたが、実際には試合を重ねるごとにチャンスの数、シュートの本数も減りつつある。
       この日も約70%のボール支配率を誇りながら、放ったシュートは13本。そのうち決定機と形容できるものは1つもなかった。開幕当初は好意的に受け止められていたポゼッションスタイルへの傾倒も、今では批判の対象となりはじめている。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832102
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ