サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ミシャはなぜ札幌で愛されるか。北海道にはロマン主義がよく似合う。

       やっぱりミシャって、ロマンチストすぎるから「あと一歩」なんだろうか――。
       札幌ドームに2018シーズン最後のタイムアップの笛が鳴り響いた瞬間の本心である。
       ミシャことミハイロ・ペトロヴィッチ監督が率いる北海道コンサドーレ札幌。最終節の相手はサンフレッチェ広島だった。第33節時点で2位につける広島は勝ち点56、それを追う4位・札幌は勝ち点2差の54。勝てば自力でクラブ史上初となるACL出場権を手中にする決戦となった。
       この日、キックオフから25分間の札幌は極上のエンターテイメントだった。
       可変システムの特性を生かしたサイドチェンジを起点に、複数人が連動して奪ったチャナティップの先制点。そして後方でボールを動かしてから背後へのロングボール1本で広島守備陣を混乱させ、ジェイが35mもの距離からループシュートを決めた追加点。どちらもファインゴールだったし、ゲーム全体で見ても圧倒的に広島を押し込んでいた。
      攻め続けるスタイルの魅惑と脆さ。 だが、その高揚感は長く続かなかった。
       広島の城福浩監督がこの日のために採用した3-4-2-1システムは、時間を経るにつれて落ち着きを取り戻す。それとは対照的に、札幌の攻撃はパワーダウンした。
       気づけば後半7分の時点で2点リードは消えていた。焦り始めた札幌は後方からのビルドアップにミスが生まれ、相手カウンター時には中盤のフィルターが利かないどころか最終ラインのど真ん中がガラ空きになってシュートを浴びる。ク・ソンユンのビッグセーブがなければ、広島の一方的な展開になっていてもおかしくなかった。
       終盤、ジェイに加えて切り札の都倉賢、そしてDFのキム・ミンテも前線に上げるパワープレーは状況を打開する可能性を感じさせた。ただそれ以上に、城福監督が投入した広島のパトリックが、ほぼ“1バック”状態の宮澤裕樹をこじ開ける可能性の方が高く見えた。
       実際には、試合は2-2のままタイムアップ。受けるのではなく、攻め続けるのみ――そんなスタイルの魅惑と脆さが、90分間でくっきり浮かび上がった。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832721

      柏J2降格も中山雄太の才は必見だ。CBもできて、点を取れるボランチ。

       言いたいことや撮ったものをだれもが自由に発信できるようになったいま、ライターやカメラマンの間でしばしば議論になるテーマがある。
      「じゃあ、プロってなによ?」ということだ。
       この議論は大抵、「お金をもらって記事や写真を発表できればプロでしょ」という結論に落ちつくのだが、今度は「じゃあ、お金がもらえる作品ともらえない作品の差って、どこにあるのよ?」と議論が続くこともある。
       そうなると「それはいいものか、そうじゃないものかということでしょ」という、ぼんやりした答えしか出ないまま収束していく。
       40代を過ぎて、私も一応「いいものとはなにか」ということに自分なりの答えを出せるようになった。それは「いいものとは人に無条件で言いたくなるもの」ということだ。
       それは記事や写真に限ったことではない。映画でも歌でも舞台でも本でも、いいものに出会うと、人はだれかに言いたくなるものだ。もちろんいい意味で。
      中山、いいから見に行きなよ。「あの映画、絶対におもしろいから見に行きなよ」
       こういうことは、なかなか言えない。自分には一銭の得にもならず、下手をすれば友人関係も損なうことになるからだ。逆説的に考えれば、ほんとうにいいものだと思わなければ、リスクを負ってまで勧めることはできないだろう。
      「あの選手、いいから見に行きなよ」
       Jリーグの試合でも、ときどきそう言いたくなる選手に出会う。
       今シーズンの終盤なら、柏レイソルの中山雄太だ。
       9年ぶりのJ2降格を余儀なくされた柏だが、最後の2試合は素晴らしく、セレッソ大阪に3-0、9連勝中のガンバ大阪に4-2と快勝した。その中で「ああ、いい選手だなあ」と唸らされたのが中山である。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832735

      「堂安と冨安は刺激だし、悔しい」五輪世代に次なる森保J候補が3人。

       森保一監督が率いる日本代表がキリンチャレンジカップでベネズエラ代表、キルギス代表と対戦しているころ、若き日本代表は遠く離れたUAEの地にいた。
       ドバイカップU-23。東京五輪世代となるU-21日本代表は、今年最後の活動となるUAE遠征に臨んでいた。
       しかし、昨年に行われたタイでのM-150CUP、8~9月に行われたインドネシアでのアジア大会に続き、結果としては準優勝に終わった。
       今大会はこれまでとは違い、初めて同じU-21のチームと対戦したのだが、タイトなスケジュールの中で安定感ある試合運びをすることができずに1勝2分。世代のライバルとも言えるウズベキスタンの後塵を拝し、またしても頂点に立つことはできなかった。
       ただ、今年1年の活動のラストとしては、有意義な遠征となったことは明らかである。もちろん「いいところも悪いところもたくさん出た大会だった」(横内昭展監督代行)ことは間違いない。
      森保監督もA代表を目標にと。 それでもアジア大会で結果を残した選手だけでなく、これまで出場機会が少なかった選手、AFC U-19選手権で活躍し飛び級で選ばれた選手たちが活躍。世代間の融合をテーマにした中で、多くの選手が結果を残したことはポジティブな要素だ。
       大会前、A代表の活動に参加するためUAE遠征に帯同できない森保監督は、過密日程を度外視してまで日本で行われたU-21の練習を視察に訪れた。そこで指揮官は、選手たちに目指す場所について言葉を述べた。
      「ここが目標ではないと思うし、東京五輪で金メダルを取るためにさらに目標を持ってドバイカップに臨むということ。さらに東京五輪だけではなく、A代表に入るという高い目標を持っていると思うので、そこを常々意識してこのドバイカップに臨んで欲しいと言いました」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832636
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ