サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      黄金期だ!川崎、C大阪に敗戦も広島“お付き合い”黒星で連覇

       明治安田J1第32節最終日(10日、ヤンマースタ ジアム長居ほか)「明治安田生命Jリーグ」は、川崎の2連覇が決まった。敵地でC大阪に1-2で敗れ、勝ち点63から上積みできなかったが、2位広島も仙台に0-1で負け、残り2試合で勝ち点7差が変わらなかった。2連覇は2012、13年の広島以来。2試合以上残しての優勝は10年の名古屋以来となった。チーム最年長38歳のMF中村憲剛は「黄金期」到来を宣言した。
       スタッフからの知らせを待つ時間が、長く感じられた。川崎は敵地でC大阪に敗れ、優勝の行方は同時刻進行の2位広島の結果次第となった。ベンチの動きに目を凝らしていたMF中村は広島の負けを確認すると、大きくうなずいて一つ手をたたいた。
       「勝って当たり前という苦しさをはねのけた。それは評価したい。(負けての優勝決定は)詰めなきゃいけない伸びしろの部分」
       0-1の後半45分にMF家長のPKで同点に追いついた。そのままリーグ連覇を決めたかったが、同ロスタイムに再び失点。それでも、チーム最年長38歳はシーズンを通しての強さに堂々と胸を張った。
       若手の台頭を実感した1年だった。鬼木達監督(44)が転機に挙げたのは、2-1で勝利した5月12日の第14節・柏戦。当時チームはシーズン唯一の連敗中。首位広島との勝ち点差は最大の13に開いた。「チームの針がどっちに振れてもおかしくなかった」。その試合で、今季初出場で24歳のMF鈴木が決勝ゴールを奪う。息を吹き返し、4連勝と追撃に入った。
      【続きを読む】


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20181111/jle18111105040004-n1.html

      マンチェスター・シティとユナイテッド、両方に所属した11名のスター

      今週末に迫ったマンチェスター・ダービー。同じ街のライバルであるユナイテッドとシティが衝突する注目の試合だ。
      憎しみ合うこの両チームに所属したことがある選手のTOP11を『FourFourTwo』から紹介しよう。
      テリー・クックマンチェスター・ユナイテッド所属:1994~1999
      マンチェスター・シティ所属:1999~2002
      バーミンガムで生まれたクックは18歳でマンチェスター・ユナイテッドに加入したMF。フィル・ネヴィルらとともにFAユースカップを戦い、トップに昇格した。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/11/11/they-played-for-both-man-city-and-man-united-kgn-1

      【速報】鹿島アントラーズ、ACL初優勝!アジア王者としてクラブW杯出場へ

      鹿島アントラーズとペルセポリスとの激突になった、AFCチャンピオンズリーグ決勝。
      1stレグはホームの鹿島が2-0で勝利し、このほどテヘランで2ndレグが行われた。
      鹿島にとって完全アウェイの一戦は前半から激しい展開に。ただ、スコアは動かず後半へ。
      結局、2ndレグはそのまま0-0の引き分けで終了。この結果、2戦合計2-0で鹿島が勝利し、初優勝を遂げた。
      🦌 鹿島アントラーズ 🇯🇵

      🏆 アジアの王者!🏆@atlrs_official #ACLFinal pic.twitter.com/MHuuBvYf98
      — AFCチャンピオンズリーグ日本 (@TheAFCCL_jp) 2018年11月10日鹿島は来月にUAEで行われるFIFAクラブワールドカップに出場する。
      初戦では北中米カリブ王者のチバス・グアダラハラと対決。そこで勝利すれば、準決勝で欧州王者レアル・マドリーと対戦することになる。

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/11/11/kashima-antlers-persepolis-acl-final-2nd-leg-iks-1
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ