サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「積極的かつ高い決定力」は8クラブ! 2018年J1全18クラブ「攻撃スタイル」分類

       2018年シーズンのJ1リーグは川崎フロンターレの連覇で幕を閉じた。全18クラブがそれぞれのカラーを出しながらシーズンを戦い抜いたが、今回はJリーグ公式データとして集計された各クラブの「今季総ゴール数」と「今季総シュート数」から分類。リーグ全体の平均値をベースに、全クラブを大まかに4グループに分けて見ていく。
      ※カッコ内はリーグ順位
      ■グループ1(ゴール数とシュート数が多い/カッコ内は今季順位)川崎(1位)/広島(2位)/鹿島(3位)/札幌(4位)/浦和(5位)/神戸(10位)/横浜FM(12位)/柏(17位)
      「攻撃の積極性を示し、シュート決定力も高い」と言えるのが、この8クラブだ。なかでも「超攻撃的」を貫いたのが、ゴール数とシュート数でともにリーグ最多の川崎だろう。57ゴール・シュート数453本の川崎に対して、2位の56ゴールを叩き出した横浜FMがシュート数402本で51本の差が見られる。いかにシュートの機会を多く作り出していたかが分かる。一方、降格の憂き目に遭った柏もこのグループに入る。得点数はリーグ8位タイ(47)、シュート数は同3位(405本)と上々なだけに、守備面での課題が透けて見える。
      ■グループ2(ゴール数が少なく、シュート数が多い)C大阪(7位)
      「攻撃の積極性を示すも、シュート決定力が低い」のがC大阪だ。シュート数はリーグ5位の395本も、ゴール数になると一転してリーグ14位(39ゴール)と下位に沈む。相手ゴールに迫りながらも、シュート精度を欠いた形と言えるだろう。このグループは1クラブのみで、C大阪がレアケースとなった形だ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/152538

      イブラのミラン復帰にブレーキ? 前線は20歳の若手に託す可能性も

      ズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】
       ロサンゼルス・ギャラクシーのFWズラタン・イブラヒモビッチのミラン復帰にブレーキがかかったようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。
       ミランは今季、FWゴンサロ・イグアインが期待された活躍を見せられておらず、冬の前線補強が噂されている。そこで、かつてミランでプレーしたイブラヒモビッチを獲得する案が出ているところだ。
       イブラヒモビッチ側もイタリア復帰に前向きな様子だが、ミランはここにきて躊躇しているという。その理由は若手の育成。コンスタントに結果を残す20歳のFWパトリック・クトローネの成長を妨げないために、イブラヒモビッチ獲得をやめるべきではないかという意見がクラブ内で出ているそうだ。
       まだ交渉が完全に終わったわけではないものの、数日中に結論が出るということはなくなった模様。ミランとしては、それよりもチェルシーで出番が限られているMFセスク・ファブレガスの獲得を優先するのではないかと伝えられている。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/12/06/post300159/

      乾貴士、今季2度目のフル出場も得点なし。ベティスは2試合合計5-0で国王杯16強

      ベティスの乾貴士はラシン・サンタンデール戦でフル出場を果たした【写真:Getty Images】
      【ベティス 4-0(5-0)ラシン スペイン国王杯 4回戦2ndレグ】  現地時間6日にスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)4回戦2ndレグの試合が行われ、ベティスは3部ラシン・サンタンデールと対戦した。試合はホームのベティスが4-0で勝利、2試合合計5-0としベスト16入りを決めた。ベティスの乾貴士はフル出場した。
       1stレグを1-0で勝利したベティスはホームの声援の後押しを受け主導権を握る。14分には乾が左サイドでボールを受け中央に切り込み右足でシュートを打つもボールは枠を捉えきれない。それでも32分に右CKのチャンスを得ると相手のオウンゴールで先制点を挙げる。
       その後はなかなかチャンスを作れなかったベティスだが59分にPKのチャンスを得るとサラブリアが冷静にゴール左に流し込みリードを広げる。その後、69分と89分にも追加点を挙げたベティスが4-0で勝利、地力の差を見せつけベスト16入りを決めた。
      【得点者】32分 1-0 オウンゴール(ベティス)59分 2-0 サラブリア(ベティス)69分 3-0 レオン(ベティス)89分 4-0 チェルソ(ベティス)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/12/07/post300162/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ