サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「本番を心待ちにしている!」 マジョルカ公式、久保がふと見せた“タケダンス”に注目

       スペイン1部マジョルカは、グループ練習を再開させて残りのシーズンに向けて準備をしている。日本代表MF久保建英は外出自粛明けも軽快な動きを見せ、その模様はクラブ公式SNSで発信されてきたが、新たに“タケダンス”が注目を集めている。
       2019年夏にFC東京から名門レアル・マドリードに完全移籍した久保は、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチスタートに降格するも再びスタメンの座をつかみ、ここまでリーグ戦24試合で3得点2アシストをマークしている。
       スペイン政府は4月末に段階的なロックダウン(都市封鎖)解除の方針を示し、マジョルカは9日から他の選手と距離を取りながら個別練習を開始。グループ練習にも軽快な動きを見せており、本人も気持ちが高ぶっているようだ。
      「タケがダンス! 本番を心待ちにしている!」
       マジョルカ公式ツイッターは、久保が練習のワンシーンで自分の肉体を誇示するかのようなポーズをとって歩く姿を捉えている。再開後、ファンの間でも久保のひと回り大きくなった体が注目を集めていたが、上半身に加えて筋肉隆々の太ももが一層目を引く。
       リーガ・エスパニョーラは6月11日の再開が決定。一層たくましくなった久保のプレーに期待が集まる。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/264541

      ユナイテッドOB、ミス連発のデ・ヘアを擁護 英雄GKと比較し“トッププレーヤー”と主張

       マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアは今シーズン、試合でたびたびミスを犯し批判を浴びてきた。シーズン再開を前に、元ユナイテッドGKであるオランダ人のレイモンド・ファン・デル・ホウ氏は、クラブのレジェンドGKとして知られる元デンマーク代表GKピーター・シュマイケル氏とデ・ヘアを比較し、その論調が厳し過ぎると語った。英紙「デイリー・ミラー」が伝えた。
       ファン・デル・ホウ氏は、1996年~2002年までユナイテッドに在籍。その後、イングランドやオランダのクラブを渡り歩き07年に現役を退いているが、かつて自らがプレーした名門のGKとして、デ・ヘアがいかに素晴らしい選手かを現役時代のチームメートであったシュマイケル氏を引き合いに出し比較。ユナイテッド公式チャンネル「MUTV Group Chat」で次のように語っている。
      「ユナイテッドには、とても良いGKがいる。デ・ヘアはファンタスティックだよ。彼はイングランドで最高のGKであることを示している。それも1年だけではなく、この数年間にわたってね」と、現守護神の安定感を称えた。デ・ヘアは今シーズン、プレミアリーグで度重なるミスを犯し英メディアから糾弾されてきたが、ファン・デル・ホウ氏は、そうした事実への見解も述べている。
      「今シーズン、確かに彼はいくつかのミスをした。でも、それは普通のことだ。彼も人間だ。私がユナイテッドにいた当時を振り返っても、ピーター・シュマイケルは最初、絶対にミスをしないように思われた。でも、ユナイテッドが3冠を達成したシーズン、彼もどうしたんだろうと思わせるような難しい時期を過ごしたよ。デ・ヘアは素晴らしい選手で、ミスは誰にでも起こり得るんだ」
       こうした批判を浴びることは、トッププレーヤーの宿命だとファン・デル・ホウ氏は考えているようで、「すべてのトッププレーヤーが同じ悩みを抱えるよ。素晴らしい選手たちは、ちょっとしたミスをしただけで『以前よりも衰えた』と言われる。これはおかしなことだよ。彼らも人間なんだ。特にGKは常に安定していないといけないし、ミスを犯したら、次は正しい場所にいてシュートを止めないといけないんだ」と、その難しさを力説。デ・ヘアが世界屈指のGKである事実に変わりはないと強調していた。
      【登録初月無料!】6月17日再開のプレミアリーグはDAZNで配信!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/264416

      ユナイテッドOB、ミス連発のデ・ヘアを擁護 英雄GKと比較し“トッププレーヤー”と主張

       マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアは今シーズン、試合でたびたびミスを犯し批判を浴びてきた。シーズン再開を前に、元ユナイテッドGKであるオランダ人のレイモンド・ファン・デル・ホウ氏は、クラブのレジェンドGKとして知られる元デンマーク代表GKピーター・シュマイケル氏とデ・ヘアを比較し、その論調が厳し過ぎると語った。英紙「デイリー・ミラー」が伝えた。
       ファン・デル・ホウ氏は、1996年~2002年までユナイテッドに在籍。その後、イングランドやオランダのクラブを渡り歩き07年に現役を退いているが、かつて自らがプレーした名門のGKとして、デ・ヘアがいかに素晴らしい選手かを現役時代のチームメートであったシュマイケル氏を引き合いに出し比較。ユナイテッド公式チャンネル「MUTV Group Chat」で次のように語っている。
      「ユナイテッドには、とても良いGKがいる。デ・ヘアはファンタスティックだよ。彼はイングランドで最高のGKであることを示している。それも1年だけではなく、この数年間にわたってね」と、現守護神の安定感を称えた。デ・ヘアは今シーズン、プレミアリーグで度重なるミスを犯し英メディアから糾弾されてきたが、ファン・デル・ホウ氏は、そうした事実への見解も述べている。
      「今シーズン、確かに彼はいくつかのミスをした。でも、それは普通のことだ。彼も人間だ。私がユナイテッドにいた当時を振り返っても、ピーター・シュマイケルは最初、絶対にミスをしないように思われた。でも、ユナイテッドが3冠を達成したシーズン、彼もどうしたんだろうと思わせるような難しい時期を過ごしたよ。デ・ヘアは素晴らしい選手で、ミスは誰にでも起こり得るんだ」
       こうした批判を浴びることは、トッププレーヤーの宿命だとファン・デル・ホウ氏は考えているようで、「すべてのトッププレーヤーが同じ悩みを抱えるよ。素晴らしい選手たちは、ちょっとしたミスをしただけで『以前よりも衰えた』と言われる。これはおかしなことだよ。彼らも人間なんだ。特にGKは常に安定していないといけないし、ミスを犯したら、次は正しい場所にいてシュートを止めないといけないんだ」と、その難しさを力説。デ・ヘアが世界屈指のGKである事実に変わりはないと強調していた。
      【登録初月無料!】6月17日再開のプレミアリーグはDAZNで配信!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/264416
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ