サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      バイエルンMFニャブリ、“ロンドンキラー”ぶりに海外称賛 「失敗作だったのがスターに」

       バイエルンのドイツ代表MFセルジュ・ニャブリは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の敵地第1戦でチェルシー相手に2得点をマークし、勝利に貢献した。かつての本拠地ロンドンで「失敗作」から「スター」へとのし上がっている24歳を英メディアも称賛している。
       ドイツ生まれのニャブリは、2012年にアーセナルでプロデビューを果たした。その後、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンへの期限付き移籍を経て、ブレーメンで母国ドイツに復帰。17年にはバイエルンに引き抜かれ、ホッフェンハイムへのローン移籍などで経験を積みながら成長を続けていた。
       今季ブンデスリーガでも21試合10得点と活躍しているニャブリは25日のCLチェルシー戦で2得点を決め、3-0の勝利に貢献した。CLではグループステージ第2節の敵地トッテナム戦(7-2)以来の得点となったが、この試合でニャブリは1試合4得点と大暴れ。チェルシー戦と合わせてロンドン開催の2試合で計6得点を叩き出している。
       英衛星放送「スカイ・スポーツ」では「アーセナルとウェストブロムで失敗作だったのが、バイエルン・ミュンヘンではチャンピオンズリーグのスターに」とニャブリの活躍を報じている。かつて所属したプレミアリーグでは十分なインパクトを残せなかったが、ドイツ移籍で急激な成長を遂げたことに驚きを隠せないようだ。
       英公共放送「BBC」も2試合で6得点と“ロンドンキラー”ぶりを発揮しているニャブリについて「アメージングな記録を残した」と称賛。今季プレミアリーグとCLの両方を合わせても、ロンドンでニャブリよりも得点を決めているのはトッテナムのFWハリー・ケイン(13)、アーセナルのFWピエール=エメリク・オーバメヤンとトッテナムのFWソン・フンミン(ともに10)、チェルシーのFWタミー・アイブラハム(7)のわずか4人のみだという。
       かつてイングランドでは辛酸をなめたニャブリは過去の鬱憤を晴らすようにロンドンの地で躍動している。
      【CL再開!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/248522

      バイエルンMFニャブリ、“ロンドンキラー”ぶりに海外称賛 「失敗作だったのがスターに」

       バイエルンのドイツ代表MFセルジュ・ニャブリは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の敵地第1戦でチェルシー相手に2得点をマークし、勝利に貢献した。かつての本拠地ロンドンで「失敗作」から「スター」へとのし上がっている24歳を英メディアも称賛している。
       ドイツ生まれのニャブリは、2012年にアーセナルでプロデビューを果たした。その後、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンへの期限付き移籍を経て、ブレーメンで母国ドイツに復帰。17年にはバイエルンに引き抜かれ、ホッフェンハイムへのローン移籍などで経験を積みながら成長を続けていた。
       今季ブンデスリーガでも21試合10得点と活躍しているニャブリは25日のCLチェルシー戦で2得点を決め、3-0の勝利に貢献した。CLではグループステージ第2節の敵地トッテナム戦(7-2)以来の得点となったが、この試合でニャブリは1試合4得点と大暴れ。チェルシー戦と合わせてロンドン開催の2試合で計6得点を叩き出している。
       英衛星放送「スカイ・スポーツ」では「アーセナルとウェストブロムで失敗作だったのが、バイエルン・ミュンヘンではチャンピオンズリーグのスターに」とニャブリの活躍を報じている。かつて所属したプレミアリーグでは十分なインパクトを残せなかったが、ドイツ移籍で急激な成長を遂げたことに驚きを隠せないようだ。
       英公共放送「BBC」も2試合で6得点と“ロンドンキラー”ぶりを発揮しているニャブリについて「アメージングな記録を残した」と称賛。今季プレミアリーグとCLの両方を合わせても、ロンドンでニャブリよりも得点を決めているのはトッテナムのFWハリー・ケイン(13)、アーセナルのFWピエール=エメリク・オーバメヤンとトッテナムのFWソン・フンミン(ともに10)、チェルシーのFWタミー・アイブラハム(7)のわずか4人のみだという。
       かつてイングランドでは辛酸をなめたニャブリは過去の鬱憤を晴らすようにロンドンの地で躍動している。
      【CL再開!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/248522

      マジョルカ加入の韓国代表MFキ・ソンヨン、久保との共闘に意欲 「とても才能ある選手」

       マジョルカは現地時間25日、無所属状態だった韓国代表MFキ・ソンヨンの獲得を正式発表した。クラブ史上初の韓国人選手となったなかで、熟練のプレーメーカーは日本代表MF久保建英について「とても才能ある選手」と称え、残留に向けて共闘を望んでいる。
       ニューカッスルに在籍していたキ・ソンヨンは今季4試合の出場にとどまり、2020年6月末まで契約を残すなかで両者の合意の下、契約が解除された。25日にマジョルカと契約し、スペインリーグで7人目、クラブ史上初の韓国人選手となり、18位と降格圏に沈むチームを活性化する働きが求められる。
       マジョルカ公式サイトのインタビューに答えたキ・ソンヨンは、スコットランド、イングランドに続く自身海外3カ国目のスペインでのプレーについて、「初めてはいつだって特別だ。マジョルカのためにプレーするのは光栄だ。若い頃、ここスペインでプレーすることを夢見ていた。最高のプレーヤーたちと対戦できることを願っている。僕の夢が実現した」と喜びを語った。
       記事では、もう一人のアジア人選手である久保についてもキ・ソンヨンは触れている。
      「クボはとても才能ある選手。日本では多くの人たちが(マジョルカの)試合を見ている。彼とともに、チームをより良くするために貢献できることを願っている」
       新戦力の韓国人MFは、現地時間21日のリーガ・エスパニョーラ第25節ベティス戦(3-3)で今季2点目を決めた久保とともに、チームを残留に導くことを目標に掲げていた。
      【CL再開!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/248528
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ