サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「もうベテランなので」 乾貴士、23歳DF安西のサポート約束「僕は周りを生かせる」

       日本代表は26日、キリンチャレンジカップ(ノエビアスタジアム神戸/19時30分キックオフ)でボリビア代表と対戦する。森保一監督は前日会見で「基本的に総替えで臨む」と、大幅なメンバー変更を示唆。22日のコロンビア戦(0-1)で途中出場だったMF乾貴士(アラベス)はサイドでのスタメン起用が濃厚だが、「もうベテランなので」と若手の特徴を引き出すことを誓った。
       ロシア・ワールドカップで4試合2得点と鮮烈な活躍を見せ、日本のベスト16進出に大きく貢献した乾だが、今季移籍したベティスでは出番に恵まれず、代表からも遠ざかった。今年のアジアカップでは10番を背負ったが、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)の負傷離脱による追加招集。大会でも先発は1試合にとどまり、悔しい思いを味わった。
       しかし、冬の移籍市場でアラベスへの期限付き移籍を決断。新天地では右サイドハーフとして6試合連続で先発出場を果たし、2ゴールを決めるなど調子を上げている。22日のコロンビア戦では後半26分からの途中出場だったが、森保監督が「総替え」を示唆したボリビア戦では左サイドでのスタメン起用が濃厚だ。約2カ月半ぶりの先発に向けては、「周りを生かす」ことを意識しているという。
      「バランスを取ったり、守備での貢献も考えないといけない。(左サイドバックの安西)幸輝が出れば初先発で緊張もするだろうし、いろんなプレッシャーがあると思う。(僕も)もうベテランなので、そういうところも助けてあげたい」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/178943

      ボリビアGK「日本は素晴らしいチーム」。「高いモチベーションで意欲に満ちている」

      ボリビア代表のカルロス・ランペ【写真:Getty Images】
       26日に行われるキリンチャレンジカップ2019の試合で、日本代表とボリビア代表が対戦する。
       前日会見に出席したボリビアのGKカルロス・ランペは「今回こうやって日本に来て、偉大な代表チームである日本と対戦できることを非常に嬉しく思う。日本はワールドカップ、そしてここ数年で非常に素晴らしい活躍を見せているチーム。我々は高いモチベーションで意欲に満ちている」と日本戦を前に意気込みを語った。
       日本の印象を問われると「素晴らしい成長を遂げた国で、ワールドカップではベルギー戦も非常に惜しい結果だった。明日の日本との試合ではポジティブな結論を導き出して、同時に自分たちの課題が何かを見い出していきたい」と話した。
       今回の試合を6月に開催されるコパ・アメリカへの準備段階との認識を示したランペは「我々は新たなプロセスをスタートさせたところ。この監督とともに戦うのは3試合目、FIFAのマッチデーとしては2試合目になる。そしてAクラスのワールドカップに出場するようなチームと対戦することで、自分たちが今どういう状態にあって、何が足りないのかが見えてくると思っている」と語った。
       ランペは出場機会はなかったが、昨年のコパ・リベルタドーレス決勝のメンバーにボカ・ジュニオルスの一員として名を連ねていた。そんな32歳の守護神が平均年齢24歳と若いチームの精神的支柱としてチームを引っ張っていく事になりそうだ。
      (取材:舩木渉、文・構成:編集部)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/03/26/post315047/

      亡くなったサラの移籍金問題…終結せず。契約無効主張のカーディフが支払い拒否

      エミリアーノ・サラ【写真:Getty Images】
       飛行機墜落で亡くなった26歳FWエミリアーノ・サラの移籍金について、カーディフ・シティは支払うつもりがないようだ。拒否する構えを見せていると、25日に英メディア『BBC』が報じている。
       サラは1月の移籍市場でナントからカーディフへ完全移籍することが決定。しかし、同選手を乗せて英国へ向かう小型機が消息を絶ち、その後英仏海峡海底から引き上げられた機体の中にあった遺体がサラのものであることが確認された。
       1700万ユーロ(約21億4000万円)はカーディフにとってクラブ史上最高額の移籍金となる。ナント側は当初の合意どおりに支払うことを要求したが、カーディフ側は代理人により不当に移籍金が釣り上げられた疑いがあることなど、調査が完了するまでは支払いを実行することを拒否する姿勢を取っていた。
       分割払いの第1回目となる600万ユーロ(約7億6000万円)の支払いは2月20日が期限とされていたが、両クラブの合意により1週間延長。だが1週間が経過した2月27日になってもカーディフは支払いを実行しなかった。そのため、ナントは国際サッカー連盟(FIFA)に訴えを起こしている。
       同メディアによると、カーディフ側はサラの移籍金について「法的拘束力がない」とし、支払いを拒否しているという。移籍が成立するには、ウェールズサッカー協会とフランス・プロサッカーリーグ機構、プレミアリーグの登録。さらに国際移籍証明書が必要になる。
       ナント側は必要な事務処理は完了していたと主張するが、カーディフ側は全て完了していなかったため契約は無効になるとFIFAに通達したというのだ。亡くなったサラの移籍金問題、果たして両者納得いく形で終えることは出来るのだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/03/26/post315014/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ