サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「具体的で、ハッとなる」U-17日本代表が中村憲剛の助言に目がキラキラ…“欧州よりJリーグを観る”スマホ世代

       U-17日本代表の中心選手の1人である神村学園高2年MF大迫塁は、興奮冷めやらぬ様子でこう語った。
      「まさかあの中村憲剛さんが(合宿に)来るとは思わなかった。同じボランチやトップ下の選手ですし、40歳になっても最前線でプレー出来るのは技術や考え方があるからこそ。このチャンスを逃したくないと思ったし、自分から積極的に学びにいかなければいけないと思った」
       4月12日からJFA夢フィールド(千葉県)で行われたU-17日本代表合宿に昨季限りで現役を退いた中村憲剛がロールモデルコーチとして参加した。
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/847966

      『ムサシと武蔵』鈴木武蔵のひたむきな生き様が日本社会のあり方を問いかける。

       日本人の母親とジャマイカ人の父親を持つサッカーの鈴木武蔵選手。彼の「サッカーへの情熱」、そして「幼少の頃から日本の社会で抱いてきた疎外感」がこの本のテーマです。
       鈴木選手は6歳からずっと日本で育ち、日本の学校に通い、日本語が母国語です。
      「鈴木武蔵」という日本的な名前を持つ彼のアイデンティティーは「日本人」です。しかし母国である日本の人々は彼を「日本人」とは扱ってくれませんでした。
       鈴木選手は小学校時代に同級生から肌の色を揶揄する特定のあだ名で呼ばれるなどのいじめを受けています。しかし、同書を読んでいてなによりも気になるのは「大人によって何気なく発せられる不用意なひとこと」です。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/847938

      ギド・ブッフバルト「鬼軍曹マガトに託した“推薦状”」~元独代表レジェンドの本音評価~

      長谷部誠にとって、最初にして最良の「ブンデス流」指導者こそ、2004年から浦和レッズの監督をつとめた元ドイツ代表DFギド・ブッフバルトだった。若き才能にいち早く目をつけた指揮官は、長谷部を中盤の底に固定したチームで、クラブ史上初となるJリーグ制覇を遂げる。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/848064
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ